DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

貴金属

買取専門店大吉大分駅

大吉大分駅

貴金属とは、化合物が作りにくく希少性の高い属のことを指します。金貨インゴット、ジュエリーなど、様々な物に使用されています。ジュエリー用として使用できるのは、・パラジウム・白金があります。

貴金属とは 一般に、(Au)、(Ag)と、プラチナの仲間である白金族の6種類、プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)、ルテニウム(Ru)、オスミウム(Os)、イリジウム(Ir)の合計8種類を貴金属と称しています。

周期表の白金は化学的、物理的、機械的に似た性質を有する[1]。白金はいずれも、色が美しく、加工が容易、室温で変色しない(を除く)という三要素をもち工芸品や宝飾品に用いられている。

ルテニウム、ロジウム、パラジウム(これら3つをパラジウム類と言うことがある)、オスミウム、イリジウム、白金(これら3つは白金類と言うことがある)の6つの元素を「白金族元素」と言う。

白金族元素はお互い性質が似通っており、融点が高く、白金、パラジウムはアルミニウム並に軟らかく、ルテニウム、イリジウムは硬く、オスミウムは非常に硬く脆い。ロジウムはその中間の硬さである。全体的にくすんだ白色を呈した属である。

また白金類は密度が21から22と非常に高く、物質中最も重い元素になる。重白金族とも言う。パラジウム類は密度は12で、軽白金族とも言う。酸、アルカリなどにも侵されにくい。非常に有用な触媒となるものもある。

白金族元素はどれもかなり希少な属だが、その中でもロジウム、オスミウム、イリジウムは特に希少な属である。

レニウムは、地球上においても、宇宙空間においても最も希少な属である。(ビスマス以外のほぼ全ての高度放射性元素を除く)

レニウムは灰白色の非常に硬い属で、過酷な条件下にも耐えうることから、ロケットエンジンにごく少量添加されたりしている。

密度に関しても、白金の21.45に次いで全元素中第4位の高密度である。

8種の貴金属の中で、 (Au)、 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd) の4種とその合を、ISO9202、JIS-H6309、及びCIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)は、ジュエリー用貴金属として定め、品位区分を設けている。

イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru) は、白金 (Pt)(プラチナ)の割りとして用いられている。

ロジウム (Rh) は、ジュエリーやアクセサリーの表面めっきとして、広く利用されている。

ジュエリーの製造現場では、加工上の性質、用途と色調から、産出量は多いが銅 (Cu) を貴金属の一種と考えることもある。