DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

大吉

買取専門店大吉大分駅

大吉大分駅

大分県の沿海部のほぼ中央に位置し、大分県の行政・経済・交通の中心地で、大分都市圏の中心地でもある。県内の総人口の42.7%が集中する首位都市であり、これは九州地方の県庁所在地の中では、熊本市(42.7%)と並んで最も高い。人口が微増していた本市も、2017年度には1981年の統計開始以来、初めて減少に転じたが、減少率は県内の市村の中では最も少ない。現在の市域は、かつて大分郡及び北海部郡(明治初期までは海部郡)に属していた。


古くは豊後国の国府が置かれ、府内(ふない)と呼ばれた。中世には大友氏の城下として発展し、戦国時代にはキリシタン大名大友義鎮(宗麟)の庇護のもと、日本におけるキリスト教布教の中心地となり、南蛮文化が花開いた。

高度経済成長期に、鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、近年では電子工業の立地が進んでいる。

駅前(えきまえ)は、鉄道駅の出入口の前にあたる場所のことである。転じて鉄道駅周辺地の意味でも使用される。

駅前には、鉄道を利用して駅にやってきた観光客向けに、周辺地域に関する(県庁所在地等の中心駅ではその県の)観光案内所が設けられている場合もある。また、日本国内の大都市内の鉄道駅や大規模な駅の周辺の建物の外壁や屋上には、企業名や商品名を記載した巨大な広告看板が設置されていることが多く、頭ビジョンが設置され映像による各種の広報や宣伝も行われている場所もある。この他、駅前は選挙公示期間中に多くの候補者等が演説をするなど、政治活動の場としても好まれる。

利便性が高いことから、駅の周辺にデパートや商店街(「駅前商店街」と呼ばれる)があることが多い。また、駅前の雑居ビルには居酒屋やファーストフードなどの飲食や、消費者融業者のも多く見られる。その他駅前はラッシュ時にはたくさんの人で混雑しており、帰宅時には百貨商店街で買い物をしていく人々も多い。このような駅前商店街は鉄道の発展とともに盛んになった。

しかし地方都市では、モータリゼーションや鉄道の衰退などにより訪れる人が減り、さらに、広大な駐車場を備えた郊外型のショッピングセンターに客足を取られて閉鎖するデパートなども多く、地方都市の駅前商店街は衰退傾向にある。

中央(ちゅうおう)は、位置関係や地名などを指す。

(まち、英: town)は、市地やその区画。小規模な都市や、あるいは都市の一部の狭い区画についていうことが比較的多い。

また、日本の基礎自治体の一種。「」の読みは一般には「まち」だが、複合語や、個別のについては「ちょう」と読むものも多い(下記、#行政参照)。なお、日本以外の基礎自治体は規模によって細分されていないことも多く、細分されている場合でも日本とは名称や基準が異なる。

漢字「」は、本来は、農地などの境界を意味する漢字であり、市の意味の「まち」は国訓である。

和語である「まち」は、古語としては宮中や邸宅などの区画を意味した。源氏物語などに用例が見られる。 区画の意味から、市地の中の道路で囲まれた区画、つまり区・ブロックを意味する。 あるいは漠然と、市地やその一画を意味する。この意味では「」と書くことが多い。場(まちば)ともいう。

以上をめぐる経緯に関しては、丁#由来に詳説があるので参照のこと。